節税には良いものと悪いものがあります

###Site Name###

節税には良いものと悪いものがあります同じ節税でも、良いものと悪いものがあります。
税金を減らすために良い対策には、いくつかの条件があります。


ひとつ目の条件は資金が要らないこと、ふたつ目の条件は永久にできるもの、三つ目は高い効果があることです。

これらをすべて満たした節税対策はなかなか存在しないのが実情ですが、これらのうちのいくつかを満たした対策なら多く存在します。



その代表的なものとして上げられるのが、不良債権や不良資産の処理を税法の基準にしたがって、固定資産税除却損や貸倒損失として計上することです。

この節税対策は資金が要らないうえに、永久的に税金を減らすことができます。また、中小企業者等における教育訓練費の税額控除という制度を利用しますと、中小企業の有効な税金減らしの対策となります。


この制度は、労務費に占める従業員の教育訓練費の割合が一定額を超えた場合、最大その教育訓練費の12パーセントの控除を認めてくれるというものです。これを活用すれば上手に税金を節約することができます。
節税の方法には、利益を来年以降にずらす利益の繰延対策がありますが、これでは結局来年税金を支払わなければならなくなりますので、本当に節税できたとはいえません。



これに対して、資金が要るけれども効果が高い節税対策には、経営者退職金制度の活用があります。



この制度を活用して経営者が自身の会社から退職金をもらうという形をとりますと、かなりの税金を節約する効果が期待できます。経営者退職金制度を利用しますと、退職金を支払う法人の側では多額の経費が計上でき、退職金を受け取る個人の側でも税金を少なくすることができます。

また、中古の資産を取得した場合には、新品の資産に比べて耐用年数を短縮できるという特例を利用しても税金を減らすことができます。
自動車の場合、4年以上経過していれば初年度で100パーセント減価償却をすることも可能となっています。

節税のいろいろな情報を集めました。

ただし、期中に中古の自動車を取得した場合には、月割按分で減価償却をすることになります。